スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディペンデンスデイ

第111話「ほぼ100%の確率でビニール傘を置き忘れてくる自分が嫌い」

ジメジメした日が続いて、どんより気分の万事屋。
鬱屈した気分を打ち払おうと梅雨をインディペンデンスデイと改名してみたりするが、皆の気分は一向に晴れない。
新八の発案であえて外出してみても、雨の中を歩く女の子たちに新八は風情を感じると言うのだが、銀時はさっぱり理解を示さない。

神楽はというと、すれ違う女の子たちと比べて自分の地味な傘がイヤになったのか、不機嫌になってしまう。
そんな彼女にそっと可愛らしげな100円傘を差し出す銀時。
初めは素直に受け取れなかったものの、神楽は本心では大喜び。

以来、雨の日には傘を手に舞い踊りながら出歩く神楽。
どんな大雨でも嵐でもわざわざ外出し、傘が台風でボロボロになってしまったら、慣れない針を持ってつぎはぎして直すほどのお気に入りっぷり。
そんなご機嫌な散歩の途中、彼女は神社の軒先で雨宿りをしている貧しそうな兄妹の姿を目にする。一旦は行き過ぎたもののやっぱり気になり戻ってきて黙って傘を彼らの前に置き、走ってその場を去ってしまう。
代わりにボロ傘をゴミ置き場で調達したのだが、あまりにあんまりなみすぼらしさ……

そんな神楽に思わず声をかけたのは銀時と新八。
ボロ傘に3人で入り、ずぶ濡れになりながらインディペンデンスデイ情緒を味わう万事屋なのだった。


スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://henahibi.blog92.fc2.com/tb.php/103-27bd1cbc
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

C L O C K

プロフィール

ヽ(  □ω□)ノ

Author:ヽ( □ω□)ノ
【性別】
男性
【生月日】
3月6日
【好きなアーティスト】
柴田淳

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

ブログパーツ


-天気予報コム-

検索フォーム

リンク

Copyright © ヽ( □ω□)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。